レボノルゲストレルは避妊効果の高い成分です。低用量ピルとは違いモーニングアフターピルといって緊急時の避妊薬として用いられますが、使用のタイミングや副作用などの気を付けなければいけない注意点もあります。

白い錠剤と瓶
更新履歴
多様な薬

ヒトの性交は妊娠を目的とした行為だけでなく、男女のコミュニケーションとしても行われます。
この時は避妊具や避妊薬を用いる必要があります。
しかし、種々の理由で避妊できなかったり、避妊具の不具合などが生じた場合は望まぬ妊娠を避けるために、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)という薬があります。
モーニングアフターピルで使用される薬の主成分はレボノルゲストレルを主成分としています。
レボノルゲストレルの作用は脳下垂体に働きかけ卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を抑えることで、排卵が抑制されて妊娠しにくい状態を作り上げます。
また子宮内膜の状態も変化させるために、精子が子宮まで到達しにくくなり、受精卵の着床を阻害する作用も有します。
その他にも女性ホルモンの分泌を穏やかにさせる効果もあるために、卵巣・子宮の活動性が低下し、生理時の痛みや不快感も軽減されます。
副作用は血管が詰まる血栓症です。
レボノルゲストレル服用中にむくみ、胸痛、動悸、頭痛、急性視力障害などの症状が生じた場合は、すぐに服用を中止し、かかりつけ医を受診して下さい。
またレボノルゲストレル服用中の喫煙は循環器への負担が大きく、血栓が生じやすい状態になるために服用中は禁煙を強く奨められています。
その他の薬剤との併用により避妊効果が減弱するケースもあるために、他医療機関を受診した場合はレボノルゲストレル服用中の旨を担当医へ申告して下さい。
モーニングアフターピルはあくまでも緊急避妊薬です。
倫理的観念や副作用などを考慮すると、安易に使用するのではなく、避妊具や経口避妊薬を用いて妊娠を避け、パートナーとしっかりコミュニケーションを取り合うことが大切です。

アイピルは元気な女性の常備薬

元気な女性ほど、男性とのSEX回数が多くなるものです。
SEXにはかなりの体力が必要ですから、元気でなくてはできません。
元気なことは良いことですが、女性にとって男性とのSEXは妊娠というリスクがついて回ります。
本来であれば妊娠は喜ばしいことですが、最中にコンドームがはずれてしまったり、レイプされたなど、望まない妊娠が起きてしまうこともあります。
こういう時に常備しておきたいのが、アイピルです。
アイピルはモーニングアフターピル(緊急避妊薬)で、成分にレボノルゲストレルを含んでいるので望まない妊娠を防ぐ効果があります。
なぜ避妊ができるかというと、排卵と受精卵の着床の両方を抑制させるからです。
妊娠は、排卵、受精、受精卵の着床という3ステップで成り立ちます。
この排卵と受精卵の着床をダブルブロックすることで、高確率で避妊させることができます。
ただしアイピルは中絶剤ではないので、着床してしまった後では避妊効果は得られません。
性交渉から24時間以内であれば95%、72時間以内であれば75%という高い確率で避妊を成功させることができます。
望んでいないタイミングで妊娠してしまう危険性に気付いたら、いち早くアイピルを飲んで避妊しましょう。
もし妊娠してしまうと、中絶などさらに複雑なことを考える必要が出てきます。
最近では、SEXの低年齢化が問題視されています。
性についての知識がない10代の若い人たちが、SEXと妊娠は別物という軽い気持ちで妊娠してしまうというケースも増えています。
緊急避妊薬についての知識があればまだ良いですが、その知識もない状態だと慌てることになります。
もちろん大人でも望まない妊娠をしてしまうケースはあるので、お守りとしてアイピルを常備しておきましょう。

低用量ピルとアイピル

婦人科やレディースクリニックで低用量ピル(OC)を処方してもらう場合には、血圧測定が必須です。
低用量ピルの処方が受けられるのは、最高血圧140mmHg以下、または最低血圧90mmHg以下です。
この値を超える高血圧の人に対しては、低用量ピルはメリットよりもデメリットが大きくなってしまうので、血圧値が正常値に戻るまで処方することができません。
低用量のピルは生理痛の緩和やPMS(月経前症候群)の緩和などに利用されていますが、それよりもホルモン量が多い高用量ピルは、緊急避妊薬として使われます。
アイピルも緊急避妊のひとつで、黄体ホルモン(プロゲステロン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類のホルモンが高濃度で配合されています。
これらが体内に入ると、脳下垂体にある排卵を促すホルモン(LH、FSH)が減少するため、妊娠を回避させることができます。
緊急避妊薬は内服するだけで避妊ができるという、手軽で効果の高い避妊方法です。
これで避妊することができれば、中絶手術のような悲しい経験をせずに済みます。
ちなみに、アイピルを飲んだからといって、その後赤ちゃんができなくなるわけではありません。
また、低用量ピルも服用をやめればすぐに月経が戻ってきます。
不妊の原因になるから避妊薬は飲まないという人もいますが、これは間違いです。
悲しい事故を防ぐためにも、緊急避妊薬は活用したほうが良いですし、女性のQOL(生活の質)の向上のために低用量ピルを使っても良いです。
要は使う目的が定まっているならば問題ないということです。
PMSで苦しんでいる人や、SEXのたびに望まない妊娠のリスクに怯えている人は、ピルを活用してみると良いでしょう。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索
最近の投稿